紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

承知川橋の記

案内板「 承知川橋の記 この一枚岩は長く甲州道中の承知川にかかっていた橋石である。 輝石安山岩 重量約拾参屯 伝説によると永禄四年武田信玄が川中島の戦いの砌、諏訪大明神と千手観音に戦勝祈願を約し社殿の建替と千手堂に三重の塔の建立を約して出陣した…

赤彦の墓

案内板「 赤彦の墓 徒歩約10分です。 (上り坂300m) ここより300メートルほど細い道を登ると島木赤彦の墓があり、その下段には、赤彦(本名:久保田俊彦)にゆかりのある久保田家の共同墓地があります。 赤彦が亡くなったのは大正15年3月のことでしたが、 赤彦…

島木赤彦住居

案内板 「 下諏訪町指定文化財 建造物 島木赤彦住居(柿蔭山房・赤松・胡桃) 赤彦は明治三十三年久保田家の養嗣子となり、大正十五年三月 死去迄この家を根拠に生活したが、大正七年東京のアララギ発行所から帰郷以来ここで起居、自ら『柿蔭山房』と命名した…

甲州道中五十二里塚

案内板 「 甲州道中五十二里塚甲州道中は、江戸から甲府が表街道、甲府から下諏訪が裏街道と呼ばれ、下諏訪宿で中山道と合流していた。各街道とも江戸日本橋より三十六町(一里、約四Km)ごと道の両側に盛り土をして頂上にケヤキ・エノキなどを植えて一里…

吉田のマツ

案内板 「 吉田のマツ 諏訪市天然記念物 種名 クロマツ(マツ科) 推定樹齢 二七〇~三〇〇年(平成七年現在) 大きさ 目通り幹周1m45㎝ 地上30㎝ 幹周2m13㎝ 高島藩士吉田式部彦衛門が元禄三年(一六九〇)から享保八年(一七二三)藩主忠虎の大阪城守備に…

上諏訪温泉 お手湯 上諏訪温泉と精進湯 上諏訪温泉の歴史 

案内板 「 上諏訪温泉と精進湯 上諏訪温泉の歴史上諏訪温泉に関する最も古い記録は、嘉禎三年(一二三七)成立とされる『祝詞段』という史料で、当時の上諏訪宿にあった神社の名前を列挙した中に『湯ノウ権現』というお宮が登場するのがそれだとされています。…

上諏訪宿問屋跡

案内板 「 上諏訪宿問屋跡 上諏訪宿は甲州道中最後の宿場であり、その中でも問屋は荷物の継ぎ立とそのための人馬を手配する所で、宿の中心であった。問屋は初めここよりも上諏訪駅側の本町にあったが、承応三年(一六五四)にここ中町に移り、貞享二年(一六八…

上諏訪 伊東近代美術館の解説

美術collectionより↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓伊東近代美術館は、伊東酒造の創業者伊東充の収集した約330点の日本画と彫刻を展示する美術館。昭和47年、郷里諏訪湖の畔に開館。 昭和61年に富士見高原に移転。平成20年に諏訪市に移転、伊東酒造の自社蔵の隣にあった大正時代…

足長神社

『日本の神々』より 「 足長神社は桑原城跡の山腹に鎮座する。境内は古松・老杉に囲まれ、諏訪湖とその周辺を樹間に眺望 できる秀景の地である。祭神は足摩乳神で、諏訪上社の末社の一つとして、また、上桑原郷の産土神と して古くから崇敬されてきた。社記…

甲州道中五十一里塚

案内板 「 甲州道中五十一里塚 江戸時代の初めに、幕府は「 五街道 」の改修を行って 一里塚 の制を敷き、江戸日本橋を起点として三十六町(一里、約四km)ごと道の両側に塚を築いて、エノキかケヤキの木を植えさせた。ここ神戸には日本橋からの五十一里塚が築…

火燈(ひとぼし)公園

案内板 「 火燈(ひとぼし)公園 神戸村では、御柱年の盆の十五日(七月)の夕、頼重院の裏山、前山の峰近い『火とぼし場(火燈場)』で、諏訪大社へ鳥居火を灯して、奉納した。その年の新しい『麻がら』で作った大きな松明を、神宮寺村河原崎の上社大鳥居の所…

茅野市 弥生通りから出土した大石について

案内板 「 弥生通りから出土した大石についてこの石のいわれ ──平成22年2月、茅野駅西口(駅前)土地区画整理事業工事中、弥生通りの地下3メートルの地点から思いもよらぬ巨大な球状岩石が出土した。工事の障害物として破壊、除去されようとしたが、丸い巨…

青柳宿の御射宮司社

案内板 「 青柳宿の御射宮司社(みしゃぐうじしゃ) 高島藩は、一六五〇年頃より、新田開発を奨励し、金沢地区でも、大沢、大池、木舟新田を始め、宮川沿いの青柳宿のまわりも新田が開発されました。新たに田畑が出来ると検知を行って、石高を決めていました。…

権現の森

案内板 「 市指定史跡 権現の森 昭和五十八年四月二十六日指定 江戸から甲府までの甲州道中(甲州街道)が下諏訪まで延長されたのは慶長十五年(一六一〇)ごろである。そのころここは青柳宿といい、この権現の森の北西に家が並んでいたが、たびかさなる宮川…

金沢宿 如意輪観音の由来

石碑文 「 如意輪観音の由来金沢宿本陣問屋、三代目小松三郎左衛門は、金沢山をめぐる金沢町と千野村との山論においてその中心となって働いた人である。延宝六年(一六七八)藩奉行所の裁許状に村、金沢町の立場を強く主張したが、奉行所では駅伝馬の遅れを裁…

旧甲州街道案内(金沢宿)

案内板 「 →旧甲州街道案内 (小松三郎左衛門桟敷場~権現様~御射宮司・焼け屋敷) この先に小松三郎左衛門の遺徳を偲び、公徳を称える如意輪観音像(にょうり様)と川の東側に桟敷場(さじきば)があります。この看板から川沿いを少し進むと石仏が並んでいる旧宮…

中馬宿 馬宿

案内板 「 中馬宿 馬宿 (ちゅうまじゅく うまやど) 宿場の任務は三つあり、公用荷物優先運搬の人馬の継立て、旅人の休泊、通信業務でした。幕府は、この業務のために人足と馬と馬子を常備させ、問屋が取り仕切っていました。江戸中期以降商業が盛んになり、…

旅籠 松坂屋 (はたご まつざかや)

案内板 「 旅籠 松坂屋 (はたご まつざかや) 甲州街道沿いにある金沢宿は、江戸時代~明治四〇年頃まで、薪を買い、自分で食事の支度をする安価な木賃宿(きちんやど)と、朝晩の食事が出る旅籠(はたご)が十七軒くらいあり、宿場町として栄えておりました。 松…

金沢宿 旅籠屋 丸屋

案内板 「 旅籠屋 丸屋(はたごや まるや) 甲州街道は、江戸時代初期の慶長七年(一六〇二)頃から整備されました。江戸日本橋から甲府までを表街道、甲府から中山道下諏訪宿までの間(韮崎~台ケ原~教来石~蔦木~金沢~上諏訪)を裏街道と呼ばれました。 丸屋…

青柳ゆるぎ石

案内板 「 青柳ゆるぎ石(あおやぎゆるぎいし) 畑の中に見える巨石は、古来より『ゆるぎ石』と呼ばれています。この石は向かい側JR中央線を越えた先の御狩野集落にも『ゆるぎ石』があります。共に夫婦岩とも呼ばれ、毎日米一粒分ずつ双方歩み寄るという言い伝…

御射山神戸の一里塚

案内板「富士見町指定史跡 御射山神戸の一里塚 関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康は、江戸を政治の中心とするため、慶長七年(一六〇二)に江戸と地方を結ぶ幹線道路として五街道を定めた。甲州街道(道中)はその一つで、最初は甲府までであったが、慶長十五年こ…

明治天皇御膳水

案内板 「 明治天皇御膳水 江戸時代、明和九年(一七七二年)甲州街道最高地で、富士山頂を見渡すここ富士見ヶ原に、一軒茶屋が開かれて以来、原の茶屋集落が発展し、明治九年には近隣住民により森深く暗渠を通して湧水が整備され、明治十三年の明治天皇行幸に…

富士見公園 由来

案内板 「 公園由来 明治37年11月、左千夫は甲州御嶽歌会の後を韮崎より馬車で入信し、上諏訪にて赤彦と初対面した。明治、大正時代の日本短歌会をリードする二人の劇的な出会いである。 この頃よりアララギ同人の富士見来訪多く、明治41年10月富士見油屋歌…

富士見町 透間の馬頭観音像

案内板 「 富士見町指定有形文化財 透間の馬頭観音像 ここは、旧甲州街道(道中)近くの通称観音窪と呼ばれる地籍である。 透間(とうかん)は宝永二年(一七〇五)、乙事村(おっことむら)三井伊左衛門の長男に生まれ、通称は藤助といい、晩年には茂右衛門と名乗っ…

蔦木宿 御膳水と与謝野晶子歌碑

案内板 「 この水は七里ケ岩から出る湧水であり明治天皇がご巡幸の折に使われた、御膳水であります。 その御膳水と、あと二箇所の湧水を使用して、明治三十九年頃、蔦木宿の街道筋に、十六箇所の水道施設を造り、飲料水として昭和二十六・七年頃まで使用され…

甲州街道蔦木宿と本陣表門の沿革

案内板 「 甲州街道蔦木宿と本陣表門の沿革 蔦木宿は江戸幕府の宿駅制度のよって、慶長十六年(一六一一)ころ甲州道中第四十三番目の宿駅として設置された。街は街道に面して屋敷割をし、本陣・問屋などが位置づけられた。本陣の規模は広大で多くの座敷や板…

日蓮上人高座石

案内板 「 富士見町指定史跡 日蓮上人の高座石 文永十一年(一二七四)三月、流罪を赦された日蓮上人は佐渡から鎌倉へ帰ったが、その後、甲斐国河内の豪族波木井氏の庇護を受けて身延に草庵をつくることになった。その合間に、上人は甲斐の逸見筋から武川筋の…

山口関所跡

案内板 「 町指定文化財(史跡) 山口関所跡 甲州二十四ヶ所の口留番所の一つで、信州口を見張った国境の口留番所である。 ここがいつ頃から使用されたかは不明であるが、天文十年(一五四六)の武田信玄の伊那進攻の際設けられたという伝承がある。『甲斐国志…

台ケ原宿 修験 智拳寺跡

案内板 「 ③修験 智拳寺跡 山岳宗教と仏教が習合された信仰的宗教が修験である。奈良時代に役小角を開祖として始まったといわれている。室町時代には、天台宗系本山脈、真言宗系を当山脈としていた。 甲斐国誌によれば、県内の本山脈は八十五院当山脈が二百…

石碑「甲州台ケ原宿とお茶壺道中」

石碑「甲州台ケ原宿とお茶壺道中」「 甲州台ケ原宿とお茶壺道中 お茶壺道中とは、江戸時代に将軍家御用達の新茶を京都宇治から江戸城まで運んだ行列である。行列の格式は極めて高く御三家の大名行列さえ道を譲っていた。また、庶民にとってもズイズイズッコ…