紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

一日一句12

11/16
今朝やっと霜月らしき寒さかな

初冬や落日ビルを染めながら

初冬やビル赤々と日落ち行く

初冬や場所譲り合ふスパの客

初冬やミルキー風呂で玉の肌

初冬や気合ひを入れて露天風呂へ

初冬や薬湯何でもありがたし

一番の寒さサウナでホッとする

11/17
布団から出られぬ今朝はまだ霜月

初時雨映画館には涙雨

帰り行く背中の丸し初時雨

傘閉じて振り返り見る初時雨

よき映画観て傘ささず初時雨

銀幕に酔ひ傘ささず初時雨

銀幕に涙し外は初時雨

映画跳ね興奮醒めず初時雨

そうか明日ボジョレーヌーボー解禁日

11/18
瓶並びボジョレーヌーボー解禁日

そうだったボジョレーヌーボー解禁日

グラス拭き今宵はボジョレーヌーボー

ひっそりとボジョレーヌーボー解禁日

あの頃を思ひボジョレーヌーボー買ふ

賀状買ふ今年もあとひと月となり

ボジョレーの香りふくよか解禁日

色と香を楽しみボジョレー解禁日

11/19
小春日や大荷物背負ひ明日は舞台

小春日や衣装メイクで大荷物

小春日やイベント準備の大荷物

小春日や夕陽も笑顔で沈み行く

小春日やレトロな洋食屋に入る

リハーサル終えて初冬空の月

11/20
初冬やカプチーノ飲み待ち合はせ

楽屋混み廊下にて待つ文化祭

初冬と言へどステージ汗光る

差し入れのみかん頬張る舞台裏

打ち上げや大根サラダみずみずし

初冬や舞台化粧の乗りも良し