紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

2013-10-31から1日間の記事一覧

一日一句 61

2013年9/20 公園で歌ふ人聴く人十六夜や 開場を待つ間チキン月見食べ チキンチーズ月見食べつつ芝居待つ 9/19 中秋や夢まで飲み込む姫子鯛 レッスンを終え名月の町に出る 名月や横断歩道を駆け渡り 名月を独り占めする歩道橋 暫くは名月と伴に帰る道 9/18 秋…

一日一句 60

2013年8/19 逝く夏や公演終へて一休み 夏公演無事終へ次のステージへ 逝く夏や公演終へて荷を作る 公演を終へ洗濯物干す夏が逝く 8/18 半年の集大成の晩夏千秋楽 灼熱のドレスで君臨千秋楽 チェシャ猫が晩夏に歌ふ千秋楽 逝く夏や笑顔と緊張千秋楽 帰り道晩…

一日一句 59

2013年7/20 みんみんの声聞きながら稽古かな 稽古終へ帰り道照らす夏の月 7/19 夏の夜の夢幻か華の乱 捕れたての鯵キラキラと並ぶ台 7/18 向日葵のこちらを睨む目のごとく 期日前投票に行く日傘差し 集まってゴスペル歌ふ夏の朝 高く舞ひ低く踊りて揚羽かな …

一日一句 58

2013年6/19 池ノ辺に夢花開く九輪草 洗濯物おずおずと干す梅雨曇り 6/18 本日の目玉一本釣り鰹 鳥帰る樹のかしましき梅雨晴れ間 6/17 煉瓦壁ベールをかけて瑠璃茉莉 赤煉瓦に青いカーテン瑠璃茉莉 赤煉瓦ベールをかける瑠璃茉莉 梅雨晴れ間二度洗濯し干し換…

一日一句57

2013年5/19 メイクする銀杏若葉を眺めつつ 夏風邪に声を盗られて往生す 5/18 出来立ての台本を読む初夏の窓 乙女らの服華やぎて初夏の街 5/17 登校の女子高生たち日傘差す ハイヒール足首すっと薄暑かな ゴミ箱の蓋頭を打つ薄暑かな 5/16 その美しさ永遠であ…

一日一句 56

2013年4/19 いつも会ふランドセルの子躑躅咲く 掃き掃除の人姿なく躑躅咲く 縞縞の腹きらきらと初鰹 4/18 登校の子らシャボンの香春の朝 庭いっぱいシャボンの香の家春の朝 鳴く犬に返事する人春の朝 老鴬の鳴く朝ひとときゆったりと 煮付けにと捌かれてをり…

一日一句 55

2013年3/18 春の花植えて駅前ロータリー 春炬燵囲み企画の話聞く 都心への電車で居眠り春の午後 強風や電車の遅延春の午後 訪ね来るお家ギャラリー春の午後 3/17 アネモネが店先に咲く大通り 早春や休憩中の笑ひ声 神の手の整体受ける早春や 3/16 鶯の音にす…

一日一句 54

2013年2/19 淡雪や落ちては消えて降りて消ゆ 淡雪と思いきや午後は積もり行く 低き山高山に見ゆ春の雪 淡雪やサーバー使ふ稽古する ホカロンが心底嬉しい寒さかな 2/18 早春や大宴会の手伝いに マリンタワー紫に聳え春の夜 春浅し元町夢のペイヴメント 元町…

一日一句 53

2013年1/17 雪溶けて寒の草花顔を出す 1/16 店の灯や溶け残る雪やや黒く 店の灯や積まれた雪のやや黒く 1/15 雪溶けて屋根の上から見え始め 雪少しずつ溶け椿微笑みて 空晴れて屋根屋根の雪まだ白し 雪落ちて紅き椿の背を伸ばす 残る雪溶けて屋根屋根顔を出…

一日一句 52

2012年1219 木枯らしに白い花揺れ墓参かな 海風に白椿揺れ墓参かな 父が逝き五年目の冬墓参かな 墓参への坂道に咲く白椿 1218 堀炬燵根が生え話に花が咲く 年賀状どっさり出してすっきりし 御祝と書かれ獅子柚子台に載り 1217 瓢箪にポインセチアを飾り付け …

一日一句 51

2012年1118 海岸を流鏑馬の駆ける初冬や コート着て祭り本部のアナウンサー 地平線まだやや赤く冬の月 1117 ステージのトリを務めて初冬や 舞台化粧落とし初冬の街に出る 1116 帰路電車窓いっぱいのすすきの穂 1115 深窓の白菊戸外に乗り出して 赤べべの子鳩…

一日一句 50

2012年10月19日 今朝もまた金木犀を追ひかけて 1018 町中を金木犀が付いてくる 研修の朝百日草の咲く歩道 雨傘に金木犀の訪ね来る 10/17 竜胆も百花に混じり花束に 10/16 秋晴れや飛行機行きて音は後 金木犀香に包まれて物を干す 金木犀香りに来し方蘇る 来…

一日一句 49

2012年9/17 秋団扇休まずパソコン打ってをり 秋風や慣れぬパソコン打ってをり 秋風や太鼓演奏聞く帰り もんじゃ焼く娘の頼もしく秋の夜 帰宅して灯り点けずに虫を聞く また来年約束しつつ夏は逝く 9/16 秋暑し虹橋渡るゆりかもめ 秋暑し足湯の長き石の道 湯…

一日一句 48

2012年8/19 舞台終へ戻る日常秋に入る 打ち上げの乾杯まずは枝豆を 日焼けする舞台前後の荷運びで 八月も後半海の客闊歩 8/18 雷鳴を聞きストレッチ本番前 クーラーの効く楽屋にて顔作る 公演の差し入れにメロンあり千秋楽 ひとときを猛暑忘れて千秋楽 熱演…

一日一句 47

2012年7/18 梅雨明けの宣言の朝空曇る 梅雨明けや裏道に店三、四軒 受信待つ翁アロハシャツ羽織り 順繰りに真夏と冷房縫ひてゆく 7/17 鳴き初めの蝉まだ少し元気出ず ゆっくりと蝉しぐれの下ペダル漕ぐ 7/16 風に乗り焼そばの匂ひ夏祭 夏祭り囃子と匂ひに誘…

一日一句 46

2012年6/18 買ひ物のついでに紫陽花訪ね行く うず高くマンゴーの実を盛るパフェ- マンゴーの味香りまろく柔らかく 6/17 午後からは持ち歩くだけ梅雨の傘 梅雨晴れ間歩行者天国花咲きて 昼の友と夜も邂逅梅雨晴れ間 6/16 梅雨模様蝶の横切る並木道 梅雨の街…

一日一句 45

5/17 露地の家真紅の薔薇を誇りけり 猫の恋サキソホーンと混じり合ひ 5/16 虫歯治療麻酔の口元薄暑かな 下校の子に挨拶をされ卯花咲く 5/15 小さき傘揺さぶられをり躑躅雨 咲く傘の無色の多し躑躅雨 5/14 老鴬の去りて巷の朝の音 老鴬の去りて新聞めくる音 …

一日一句44

2012年4/30 お社の塀から顔出す躑躅かな スタジアム見上げる歩道の緑かな 子燕の声に見上げる駅舎かな 4/29 見るごとに緑濃くなり深くなり 心地よき稽古疲れや昭和の日 待ち合はせ場所に入れず昭和の日 柏餅くるんだ葉だけ置き去りに 4/28 藤房の咲き初めて…

一日一句 43

2012年3/31 天気予報外れて広ぐ春日傘 家も木も揺れてうなりて春嵐 3/30 リハビリの手でミシンかける春の日や リハビリの痛みと戦ふ春の日や 3/29 春淡し打ち水の面凍りをり 3/28 露天風呂望む峰々霞みゆく 旅先の人情の味春の昼 茶を出され旅の出会ひや春炬…

一日一句 42 2012正月

2012年元日 年越しの蕎麦食べぬ内年明けて 旅先の元日屠蘇も酒もなし 旅先で蒲鉾切りてお節かな 探し行き旅先の神社で初詣 旅先の薬の街で初詣 元日やエスカレーター右に立つ 元日や和服の夫婦下駄鳴らし 従業員同士の慶賀カフェの昼 屈託なく笑ふなんばの初…

一日一句 41

2011年1231 乗り継ぎて子と二人旅大晦日 食ひ倒れの街でお節買ふ大晦日 大晦日道頓堀に灯が映り 青空に通天閣立つ大晦日 1230 年の瀬の空チェシャ猫の笑みの月 母の煮る煮物の匂ひ晦日かな 1229 年末の買ひ物ついでに映画観る のし餅をみな切りたがり争奪戦 …

一日一句 40

12/3 暖房を切ってダンスの白熱し 稽古場にブーツの並ぶ体験日 稽古場から紅葉黄葉のグラデーション 12/2 銀杏の葉子ら一斉に空へ投げ 子ら放つ銀杏シャワーや平和祈る 原爆のドーム銀杏に彩られ 黙祷の生徒ら銀杏の木の下で 師走の街離れ平和の黙想す 12/1 …

一日一句 39

9/18 劇場を出れば鈴虫鳴く丘に 幼子が弟の手握る秋の夜 虫の音の大音量なり我が町よ 9/17 秋の蝉聞きつつ踊るまだ踊る 9/16 発車音ずれて歪んで秋暑し 9/15 つく法師遠く虫の音沸き上がり 友上梓せし本届き秋暑し 9/14 彼岸まで残暑続くかと立ち話 鳥宿る木…

一日一句 38

8/18 汗拭きて団扇使ひて日を過ごす ストレッチ汗かく度に伸びてゆく 猛暑日のレッスン秋に実り行く 猛暑日も夜風の心地よき散歩 残暑とは言へ新物の秋を食ふ 8/17 ビルの影木陰を辿りて稽古場へ ダンスには節電冷房つらかりし 稽古終へ猛暑の巷へと戻る 8/1…