岡 朝子の俳句と街道歩き旅

Yahooブログで文章置き場にしていましたが、引っ越してきたので、その後の俳句もぼちぼち更新していきたいと思います。

2度目の中山道六十九次歩き14日目の5(贄川宿の1)

2度目の中山道14日目の5
12月28日(土)の5


【只今の気温0℃】

国道19号線に戻り、

15:22 「只今の気温 0℃」の電光掲示
f:id:asiandream0804:20200706181108j:plain

15:25 贄川駅前の水場
f:id:asiandream0804:20200706181307j:plain

15:26 贄川駅 トイレを借りました。
f:id:asiandream0804:20200706181333j:plain

f:id:asiandream0804:20200706181350j:plain


贄川メロディ橋】

15:33 メロディ橋
f:id:asiandream0804:20200706181409j:plain

鉄琴風で、叩くと木曾節のメロディを奏でます。

以前は叩くための槌のようなものがありましたが、見当たらないので、スマホの充電器で叩きながら歩きました。左側が木曾節前半、右側が木曾節後半です。

ただし、木曾節を知らないと、伸ばし方、跳ね方が分からないので、木曾節に聞こえないかも。

木曾のなー なかのりさん
木曾の 御嶽なんじゃらほい
夏でも寒い よいよいよい
よいよいよいのー よいよいよい

これが、

きーそーのーなーーあ なかのりさーんー
きーそーのーおーんーたーけー
なんじゃらほいー
なーつでーもー さーむーーい
よいよいよい
よいよいよいのー よいよいよい

こんな感じかな。

10年前に来たときには、小学生の女の子が叩いて見せてくれました。

今日は他に誰もいない。

ところで、贄川メロディ橋は、実は老朽化で解体が予定されているらしいのです。

市民タイムスより

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塩尻市は本年(2019年)度、贄川のJR中央西線をまたぐれんが造りのアーチ橋「メロディー橋」の撤去方法の検討を始める。明治42(1909)年に建設されて老朽化が著しく、れんがが貨車に落ちる事故も起きており対策は急務だが、撤去するには工法の難しさや巨額の費用といった課題がある。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

この記事に、「れんが造りのアーチ橋」とありますが、自分で渡っていると、そうは見えないので、ネットから写真を拾ってきました。こんな橋なんだ!
f:id:asiandream0804:20200706181455j:plain


メロディ橋に掲げられた木曾節の歌詞前半
f:id:asiandream0804:20200706181521j:plain

「木曽の ナー 中乗りさん
木曽の御嶽 ナンチャラホイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイ

袷 ナー 中乗りさん
袷やりたや ナンチャラホイ
足袋そろえて ヨイヨイヨイ

木曽の ナー 中乗りさん
木曽の名木 ナンチャラホイ
ひのきにさわら ヨイヨイヨイ

ねずに ナー 中乗りさん
ねずにあすひに ナンチャラホイ
こうやまき ヨイヨイヨイ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

後半
f:id:asiandream0804:20200706181552j:plain

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人は ナー 中乗りさん
人はみめより ナンチャラホイ
ただ心 ヨイヨイヨイ

心 ナー 中乗りさん
心細いよ ナンチャラホイ
木曽路の旅は ヨイヨイヨイ

男 ナー 中乗りさん
男伊達なら ナンチャラホイ
この木曽川の ヨイヨイヨイ

流れ ナー 中乗りさん
流れくる水 ナンチャラホイ
とめてみろ ヨイヨイヨイ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

木曾節の3番と4番は木曽の五木のことを歌っています。

ひのき、さわら、ねずこ、あすなろ、こうやまき

この五木のことを歌っています。


贄川関所】

15:35 贄川関所
f:id:asiandream0804:20200706181615j:plain

塩尻市観光協会ホームページより

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

贄川関所

中山道の人と物の往来を監視するために置かれた贄川口留番所で、女改め、白木改めなどの役割を担った。
明治はじめに取り壊されたが、多くの文献をもとに昭和51年に復元された。
実際の場所は鉄道敷地内になっている。
中山道の交通に関わる資料などを展示。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

f:id:asiandream0804:20200706181650j:plain
案内板
贄川関所

贄川関所は明治二年福島関所とともに廃止され、建物も取り壊されました。現在の建物は、寛永4年の『覚』○○○明治九年発行『贄川○誌』の『古関図』を元に復元したものです。
なお、当時の関所○○の位置より西側に○○東を向いて建っていました。 」


JAPAN WEB MAGAZINEより

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

贄川駅から歩いてすぐ、中山道贄川宿の北の端にあるのが、贄川関(贄川関所)だ。木曽路の最初の宿場である贄川宿において、福島関の補助的な関所として設けられ、1869年(明治2年)に関所が廃止されるまで、江戸時代を通して女改めや白木(木材)などの流通の監視など、重要な役割を果たした。

贄川の集落は、昭和5年に起きた大火で大半が焼失。この贄川関所は、昭和51年に様々な文献を元に関所があった場所のそば(実際の場所は現在のJR敷地内)に間取りや敷地面積も忠実に復元されたもので、現在、関所関連の資料を展示するほか、階下の木曽考古館では縄文時代の土器・石器なども展示している。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

f:id:asiandream0804:20200706181723j:plain
f:id:asiandream0804:20200706181753j:plain


【上段の間】

見学受付は本当は15:30:までで、もう5分過ぎていましたが、もう今日が最後で明日から休業だからと、特別に案内してくれました。

15:47 上段の間
f:id:asiandream0804:20200706181817j:plain

床の間の掛け軸は杜甫の詩で、
当時のものだそうです。
f:id:asiandream0804:20200706181839j:plain

15:47 武器の部屋
f:id:asiandream0804:20200706181854j:plain
武器は押さえるもので、
脅したりはしなかったそうです。
林業の人達が使う鳶口も
ありました。

いろりの部屋
f:id:asiandream0804:20200706181914j:plain


贄川駅から帰宅】


15:58 贄川駅に戻ってきました。
f:id:asiandream0804:20200706181940j:plain

贄川駅 16:06発の予定が遅れてきて、16:08発
f:id:asiandream0804:20200706182014j:plain
f:id:asiandream0804:20200706182027j:plain

16:20 塩尻着 トイレへ行って、着替えもしました。

待合室で、コナンのパンシリーズの、キッドのホワイトジュエリーパンを食べました。

車内で食べる用にキオスクでおにぎりも買いました。

塩尻発16:59

19:00頃、車内でおにぎりを食べました。

19:48 大月着 19:54発 高尾行きに乗り換え、高尾で中央線、八王子で横浜線に乗って帰りました。


2度目の中山道15日目の1(贄川宿2)に続く
https://asiandream0804.hatenablog.com/entry/2020/07/09/225142