岡 朝子の俳句と街道歩き旅

Yahooブログで文章置き場にしていましたが、引っ越してきたので、その後の俳句もぼちぼち更新していきたいと思います。

2度目の東海道五十三次歩き7日目の5(薩た峠〜興津へ)

2度目の東海道7日目の5

4月5日(金)の5

f:id:asiandream0804:20191112173548j:plain

【薩た峠への道】

一里塚跡を過ぎると、一目瞭然、胸付き八丁が始まります。

いよいよ難所、 薩た峠への道。

膝が痛いので、下りのことを考えて杖をお借りしました。

杖は快適でした。

似たようなペースでひたひた付いてくる人がいたので、負けじと歩いたおかげでかなりのペースで上れました。

途中、写真を撮っていたら抜かされましたが、頑張るのも潮時だったのでよかった。

抜かしていった人は、大きなカメラや三脚をぶら下げていました。


10年前に来た時にも気になった、たぶんみかんを運ぶためのモノレール、モノラック、健在でした。
f:id:asiandream0804:20191112095152j:plain
f:id:asiandream0804:20191112095216j:plain

10年前のブログより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【 薩た峠へのみかん畑】

ミカン畑の中を上がっていくのですが、急な坂に一本足のレールが伸びていて、ミカンを運ぶためのモノレール(モノラック)があちこちにあり、私は興味津々で沢山写真を撮りました。
f:id:asiandream0804:20191112095431j:plain
f:id:asiandream0804:20191112095448j:plain


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


【薩た峠】

f:id:asiandream0804:20191112095618j:plain
13:55 薩埵峠 (さったとうげ)
f:id:asiandream0804:20191112095646j:plain
f:id:asiandream0804:20191112095703j:plain

風が強いので、海も富士山もきれいに見えます。
f:id:asiandream0804:20191112095722j:plain
f:id:asiandream0804:20191112095917j:plain
f:id:asiandream0804:20200206131818j:plain


【次々現れる薩た峠】


「薩埵峠」と書いたモニュメントや石標などが次々現れ、いったい 薩埵峠は幾つあるんだろう、と笑ってしまいます。
f:id:asiandream0804:20191112095803j:plain
f:id:asiandream0804:20191112100049j:plain
f:id:asiandream0804:20191112100131j:plain

10年前に数えた時は7基かな、と思ったのですが、今回数えたら9基あった。
f:id:asiandream0804:20191112100410j:plain
f:id:asiandream0804:20191112100441j:plain
f:id:asiandream0804:20191112100517j:plain
f:id:asiandream0804:20191112101130j:plain

ほとんどの観光客が引き返してしまう、もっと奥に、展望台があり、さっき私を追い越していったカメラの人が三脚を立てていました。
f:id:asiandream0804:20191112100834j:plain
f:id:asiandream0804:20191112173528j:plain

夕暮れの富士山でも撮るのかな。

そこを過ぎると、前回はかなりの山道で、通る人もほとんどいなくなって怖かったのですが、今回は道がかなり整備されていました。

さらに、杖を借りてきたのは、下り坂では大正解でした。


【杖を返す】

14:26 降りたところ(墓地)で杖を返しました。
f:id:asiandream0804:20191112173625j:plain

杖入れに「ゴミを入れるな」と書いてあったけれど、捨ててありました。

しかたないね。私が杖を返すまでは杖は一本もなく、どう見てもゴミ箱だったもの。

降りたところの道は、水仙などの花が咲き、気持ちのいい道です。
f:id:asiandream0804:20191113213919j:plain
f:id:asiandream0804:20191113214245j:plain
f:id:asiandream0804:20191113214431j:plain

14:56 牛頭観世音菩薩
f:id:asiandream0804:20191113214259j:plain


【川越遺跡と浦安橋】


14:57 川越遺跡
f:id:asiandream0804:20191113214359j:plain
f:id:asiandream0804:20191113214500j:plain

案内板

「 ここは東海道興津川『川越し』の跡です。旅人は両岸にあった川会所で『越し札』を買い、
蓮台または人足の肩ぐるまで川を越した。越し札はその日の水深によって上表のごとく値が違い、
蓮台越しの場合は札四枚を要した。深さが四尺五寸を越すと、いわゆる『川止め』となった。
但し冬期(11月下旬~3月5日まで)は仮橋が架かり無賃で渡れた。川越人足は興津側で36人が
常備されて居り、大通行があると250人以上が動員された。」

15:00 浦安橋(興津川)
f:id:asiandream0804:20191113214614j:plain
写真の浦安橋はきれいに整備されていました。

10年前に来たときはボロボロでした。
f:id:asiandream0804:20191114082847j:plain

10年前のブログ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

電話で予約を入れて、今夜は静岡のビジネスホテルに泊まることにしました。
ボロボロで改修工事中の興津川橋を渡り、興津の町へ。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


2度目の東海道7日目の6(興津宿〜江尻宿)に続く
https://asiandream0804.hatenablog.com/entry/2019/11/14/131727