紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

一日一句17

12/16
寒き日の飲み会芯から暖まり

久々の友と語らふ忘年会

稽古終えクリスマスツリーが光る道

寒き日も芝居稽古で汗流し

飲み会の帰り防寒完全装備して


12/17
托鉢の僧も歳末助け合ひ

来るメールみな初霜を話題にし

クリスマス曲ばかり流れ喫茶店

温かきスープひととき和みけり

目についたサンタ帽子はちと高く

イメージのセーターなかなか見つからず

12/18
散る銀杏掃き疲れたる幼児かな

遊歩道銀杏落ち葉の積もりたり

一面の銀杏落ち葉の道を行く

見た目より防寒マフラーしめなおし

12/19
寒き日やバス乗る順番譲り合ひ

小さき子の小さきダウンコートかな

十二月手帳の空白減って行き

巨星堕つ世は淡々とクリスマス

シクラメン隣でパンク修理かな

12/20
年内は今日が最後が増えて行き

忘年会帰りの人が道塞ぎ

コンビニで聴くクリスマスの歌ゆかし

コンビニもクリスマス曲で溢れたり

商店街店毎クリスマス曲変わり

12/21
クリスマス曲に誘われ玩具屋へ

予約していつものケーキを買ふ聖夜

磯釣りやテトラポットの寒そうな

足元のみかんカラスの仕業かな

降臨節讃美歌練習する子かな

忙しき浮き世忘れて師走の湯

掛け湯して浮き世も流す師走かな

12/22
落ち椿紺の車体に花が咲き

予約したケーキ受け取り聖夜かな

暖かき一日冬至も暮れゆけり

夕焼けの空澄み冬至暮れゆけり

今日母は遅し稽古の忘年会

夕焼けの色深くなり冬至かな

映画観て娘とクリスマスデートかな

赤レンガクリスマス菓子売る屋台出て

チキン食べ娘とクリスマスデートかな

12/23
クリスマスケーキ切り分けみな笑顔

伝えたい思いを歌ひ聖夜かな

思ひひとつにクリスマスコンサート

歌ひ上げ平和を願ふ聖夜かな