紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

一日一句 86

 

2015年10月

10/1
秋雨や終の家へと伯母送る

ダンス終へ炭火で肉焼く秋の夜

10/2
信号待つ都会の空は鰯雲

坂の町金木犀の香り満ち

10/3
秋らしきファッションになる稽古後

何もかも美味そうに並ぶ秋の夕

10/4
花屋にもハロウィンカボチャの並ぶ夜

秋夜長舞台ウィッグ手入れする

10/5
衣装通し秋でも空調低くして

秋風や都電の踏切暫し待つ

10/6
金髪が似合ふと言はれる秋の午後

 

秋風の中荷を引きずる稽古後

10/7
芸術の秋「バクマン。」の映画観る

マンションの窓窓の暮らし天高し

10/8
何やらの赤い実がなる秋の午後

みぞおちを締めてダンスする秋の夜

10/9
自転車は走る稲田も刈った田も

闇で鍵開ける白粉花香る

10/10
夏服と冬服が混じる十月や

芝居跳ねみなとみらいの秋の雨

10/11
レジに立つウィッチハロウィン迫る

買ひ出しは釣瓶落としの暗い道

10/12
ストレッチの彫像並ぶ体育の日

稽古中舞茸おこわを食べる夜

10/13
秋の鯖大きなフライに揚げられて

わくわくと開けるキノコの包み焼き

10/14
山茶花が微笑みかける塀の上

秋の朝こいつは何だオキサワラ

10/15
搬入やリノ敷きをする秋の朝

小屋入りや秋日差し避けストレッチ

10/16
秋雨やメリゴ初日の幕が開く

差し入れに松茸もあり初日開く

10/17
秋雨も上がり中日の幕が開く

松茸のおにぎりいただく楽屋かな

10/18
秋の午後皆で迎へる千秋楽

いろいろとあり幕降りて秋の午後

航行を終へ秋の街行く船長

10/19
コスモスに出迎へられる大荷物

草ひばり聞きつつゴスペル稽古行く

10/20
山茶花を踏んで歩いてふと寂し

秋の日や無事帰国して仕事する

10/21
ハロウィンおばけに囲まれ髪を切る

ツボを押し筋伸ばすヨガ秋の夜

10/22
スーパーも秋の味覚が並ぶ台

秋バラを描く人今日は店仕舞ひ

10/23
兄が作る梨のピザ母のお気に入り

肉じゃがに舞茸も入る今日の一品

10/24
デパ地下で一日働く秋深し

見上げれば微笑む明日は十三夜

10/25
脂のる秋のヘダイにかぶりつく

秋祭り片付けだけをちょっと見る

10/26
木々と雲映して池の水澄めり

洋館を見上げて秋のバラ香る

10/27
秋薔薇を従へ噴水裾揺らし

もうすぐ終はるメニューを食べに秋の夜

10/28
脂のる秋の真鯵の皮を引く

惣菜に鰯のフライも並びをり

10/29
薔薇の香と英語が漂ふ秋の夕

イメージは翼で踊る秋の夕

10/30
秋空を肋骨雲が横断す

惣菜のかぼちゃ煮今夜は大人気

10/31
ハロウィンのメイクが並ぶ大鏡

魑魅魍魎の中船長も行くハロウィン

 

 

一日一句 87に続く

https://asiandream0804.hatenablog.com/entry/2023/02/26/073416

 

一日一句 目次 1
https://asiandream0804.hatenablog.com/entry/2023/02/07/092704

一日一句 目次 2
https://asiandream0804.hatenablog.com/entry/2023/02/10/125624