紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

一日一句 63

2013年
11/3
一羽鳴き椋鳥の皆呼応する

文化の日今日はゴジラの誕生日

11/2
霜月に新メンバーも加はりて

稽古場に暖房入る季節来る

強烈で不可解な芝居秋深し

11/1
サルビアや彼の日を思ふ燃ゆる赤

彼方まで吸ひ込まれ行く秋晴れや

在庫なく機種変伸びる万聖節

秋深しかぐや姫巡る物語

1031
柿の実の食ひ散らかされて落ちてをり

ハロウィンにダウンお菓子を配れない

ハロウィンのお菓子配れず風邪でダウン

ハロウィンの珍客部屋に小鳥飛ぶ

1030
秋風や喉の痛みの辛き朝

ハロウィンのお菓子を配る今日明日

秋バラの公園子らが駆け回る

コスモスのひっそり揺れて午後静か

1029
秋寒したまらず半纏出して着る

秋深しバッタリ会ってカフェを飲む

謎解きの芝居に見入る秋の夜

1028
秋深し本当はここに来たかった

ひっそりと百両の実の赤くなり

青々と竹渡る風も秋の色

秋茄子や鎌倉ビールをぐいと飲む

秋深し道譲り合ふ竹の寺

1027
メイクするひと時楽屋に秋深し

本番の緊張と高揚秋公演

楽屋出て緊張高まる秋の午後

表現をし尽くし悔いなし秋の舞台

打ち上げにハロウィン仮装も飛び出して

舞台終へ三々五々に秋の街

1026
台風やヨガで体調整へる

カフェの窓ピラカンサスの実の赤く

1025
秋雨や我が足音のピチョピチョと

壜開けてかぐはしき香り秋の午後

台風や明日の予定を相談す

1024
秋公演直前練習熱入る

夜寒やアメリカ人は肩を出し

台風の接近ポツポツ降り出して

1023
ひとつ行きすぐに台風来る予報

夜寒やそろそろシャワーは辛くなり

肌寒や早めにカーテン閉める夕

衣更えしかねる内に寒くなり

栗南瓜季節のパンが並ぶ台

1022
イトヒキと呼ばれる魚秋深し

三姫の飲み会銀杏かじりつつ

長ズボン履く秋風の滲みる朝

1021
松茸を焼きほっこりと幸せな

スーパーで巨大カボチャに迎へられ
f:id:asiandream0804:20190902225223j:plain