紗蘭広夢の俳句と街道歩き旅

二度目の東海道五十三次歩きと二度目の中山道六十九次歩きのブログを書いています。今、中断していますが、俳句も書いています。

青葉山公園 二の丸跡

 

案内板
「二の丸は寛永15年 (1638) 二代藩主伊達忠宗によって造営された。二の丸の御殿(ごてん)部分への入口は詰門 (つめのもん)  と呼ばれ、瓦葺(かわらぶき)で平屋造(ひらやづくり)ではあるが、棟の両端に鯱瓦(しゃちがわら)が堂々たる門であった。この門を入ると、玄関、遠侍(とおざむらい) 、小(こ)広間、能舞台、御座間(ござのま)などの主要殿舎(でんしゃ)が建ち並 んでいた。対面等の儀式の場である小広間は総面積が 145坪あり、本丸大広間の約3分の2の広さがあった。北西部には中奥(なかおく)と呼ばれる私的建物群などがあり、藩 主の日常生活の場として機能した。文化元年(1804) に火災にあった後に再建されている。明治に入ると一時、仙台藩の役所である 『勤政庁(きんせいちょう)』 が置かれ、その後は 仙台鎮台(ちんだい)、第二師団が置かれた。明治15年の火災で ほとんどの建物が焼失した。」

 

 

 

 

芭蕉の辻

 

案内板
「  芭蕉の辻

 ここは、仙台城 の大手から城下を東西に貫く幹線大町と、南町、国分町 を通る奥州街道 の交差する十字路に当たり、古くから芭蕉の辻 と呼ばれてきた。
 この名称の由来は、かつてここに芭蕉樹があったがためと言い、また繁華な場所ゆえの「場所の辻」の訛ったものともし、更に、藩祖政宗が重く用いた芭蕉という虚無僧が一時居住していたためとも言われ、定かにはわからない。
 しかし、正式には『札の辻』であって、それはこの辻の西、大町三丁目の道路の中央に幕府の指令による忠孝、切支丹、捨馬などの制札が掲げられていたのに因る。この位置からも察せられるように町創の基点となり、諸方への里程の基準ともなった。
 このたび由緒あるこの地に安田生命保険相互会社仙台ビルが建設されるに当たり、里程標を復元し、併せて記念碑を建てて旧跡を永く後世に伝えるものである。   」

 

 

 

 

鳴子峡

 

案内板
「   鳴子峡

鳴子峡は、地盤の隆起運動とともに、大谷川(おおやがわ)の侵食で刻まれた深さ100mにも及ぶ大峡谷です。弁慶岩や夫婦岩など奇岩奇怪石が連なり断崖絶壁と渓流が織り成す景勝地として、昭和36年には、宮城県の名勝に指定されました。晩春や初夏には匂い立つ目映いばかりの新緑、秋には真っ赤に染まる紅葉に覆われその眺めはまさに絶景です。ごゆっくりとその美しさをご堪能下さい。    」

 

 

 

おくのほそ道 小深沢 案内板

 

案内板
「 小深沢は出羽街道の中で、けわしい沢のひとつで、深い谷底へ降りて越さねばならない九十九折りの道である。元禄2年(1689)5月 芭蕉曽良が通った頃は、谷底へ降りて、6曲りの坂を上り下りする難所であった。元禄古図に『小深沢、歩渡幅2間、深さ2寸、小深沢坂長さ46間、難所御座候』と書かれている。」

 

 

 

 

尿前の関 芭蕉句碑 案内板

 

案内板
「自然石の句碑で、石積み台の上に建てられ、表面中心に芭蕉翁、右に俵坊鯨丈、左に主立周谷、裏面に、蚤虱馬の尿する枕元、明和五戊子六月十二日尿前連中、と刻まれている。
一七十二年建てられたもので芭蕉が尿前の関を通過してから約八十年後に建てられている。俳句を愛するこの土地の人々が芭蕉の通過を記念してここに句碑を建立したものである。」

 

 

 

 

 

おくのほそ道 尿前の関

 

案内板
「 古くからこの周辺は国境として柵が設けられ、天明2年(1782年)の『岩手関由来書』(鳴子・肝入遊佐甚之丞)には、『秀衡の世に陳ケ森の陣に多数詰居て(中略)柵のあとありありと残る』とある。尿前に番所が建てられたのは、仙台藩の法令『御境目御仕置』から推測するに寛文10年(1670年)ごろと考えられる。岩出山伊達家の職制に『尿前御関所役』とあり、伊達藩から尿前に役人が派遣されていた。芭蕉曽良がこの関を通ったのは、元禄2年(1689年)5月15日(新暦7月1日)のことである。
 芭蕉の『おくのほそ道』には、南部道はるかに見やりて岩手の里に泊まる 小黒崎水の小嶋を過てなるこの湯より尿(シト)前の関にかゝりて出羽の国に越むとす 此道旅人稀なる処なれば 関守にあやしめられて 漸にして関を越す(芭蕉自筆奥の細道岩波書店より)とあり、曽良随行日記には、『尿前関所有。断六ヶ敷(ことわりむつかしき)也 出手形ノ用意可有之(これあるべき)也』とある。
 当時の番所の規模は明らかではないが、幕末の屋敷は、東西44間、南北40間で、周囲は石垣の上に土塀をめぐらし、屋敷内には、長屋門、役宅、土蔵、板倉、酒蔵など建物10棟があった。長屋門は間口8間・奥行2間、役宅は間口17間・奥行11間、土蔵は間口3間・奥行4間で2棟、板倉は7間・3間というもので、他の番所に比べてもかなり大きな規模を持つものであった。
 尿前の関をようやく通された後、直後の薬師坂そして小深沢、大深沢の大難所を越えたにも関わらず、『よしなき山中』の封人の家で3日間も足止めさせられたこの峠越えは芭蕉曽良にとって苦難の日々であったろう。  」

 

 

 

 

 


 

黒羽境界石

案内板
「  市指定文化財

  黒羽領境界石(史跡)

       管理者 浄泉寺

 黒羽藩主大関増業(ますなり)は、自藩と他藩との境界を明らかにするために、文化十~十一念仏(一八一三~一四)何箇所かに境界石をてた。ちょうど増業が大阪城勤務の時で、碑は大阪で造られ、船で運ばれた。
 ここ浄泉寺境内にある標柱には、『従此川中東黒羽領』と刻まれてあり、背面には『於摂州大阪作江西横堀小島屋石工半兵衛』とある。
 高さ百五十一センチメートル、幅二十一センチメートルの花崗岩の四角柱である。
 もともとこの境界石は、那珂川の左岸越堀(こえぼり)宿(黒羽領)側に建てられていた。川をはさんで向こう側は鍋掛宿(幕府領)で、両宿は奥州街道の宿駅であった。
 大正七~八年(一九一八~一九)頃、保存のために現在地に移された。

  昭和四十七年十月二十五日指定

       那須塩原市教育委員会  」

 

 

八坂神社境内 芭蕉の句碑

 

案内板
「   芭蕉の句碑

 芭蕉が元禄二年(一六八九年)三月(旧暦)『奥の細道』行に旅立ち、黒羽より高久に向かう道すがら四月十六日、手綱をとる馬子の願いにより作り与えた句を碑にしたものである。

  野を横に
    馬牽きむけよ
      ほとゝぎす

 この句は、どの辺りで作られたか明らかではないが、余瀬より蜂巣を過ぎると野間までは広き原野が続いていたので、この間につくられたものと思われる。
 その昔行われた那須野の狩を想い起こし、『私も武将になったつもりで、いばって命令してみようか』という心境で詠んだものである。
 句碑の建立は、文化五年(一八〇八年)十月に、当時鍋掛宿の俳人菊地某外数名によるものと思われる。
 平成五年(一九九三年)三月、街道景観形成事業により、ここに建て替えられた。

     黒磯市教育委員会


   鍋掛宿

 鍋掛宿は、江戸時代の五街道の一つ、奥州街道の宿場町として栄えた集落であり、最盛期には、戸数も百余戸を数え、旅籠、茶屋、その他多くの商家などでにぎわったという。
 江戸時代初期の正保(しょうほ)三年(一六四六年)以降は幕府直轄地天領として明治まで治められた。    」

 

 

 

清川地蔵尊

 

 

案内板
「   清川地蔵尊

      管理者 鍋掛行政区

 清川地蔵の建立は、延宝七年(一六七九)で、本市の石仏地蔵の中では古いものである。
 当時の宿場の生活は決して楽ではないと思われるが、人々の信仰の強さを物語る大きな地蔵である。
 お地蔵様は、庶民のあらゆる願いを叶えてくれるもの、またこどもの成長を見守ってくれるものとして信仰されてきた。
 特に、清川地蔵は子育て地蔵として地元民の信仰が厚かった。
 毎年四月二十四日の祭礼には女性全員が集まり、ここ清川地蔵様だけに唱える念仏が行われている。

    平成六年三月吉日
       那須塩原市教育委員会  」

 

鍋掛の一里塚跡

 

案内板
「    市指定文化財

   鍋掛の一里塚(史跡)

       管理者 鍋掛神社

 江戸時代、全国の主要な街道に日本橋を起点として一理毎にその目印として築かれた塚で、ここ鍋掛愛宕峠の塚は奥州街道四十一番目のもので、江戸より四十一里(約百六十一キロメートル)の距離を示す塚である。
          (鍋掛宿誌)
 当時の旅人の目印として、そして休憩地として親しまれていたそうである。
 『野間の大野家文書』には、慶長四年甲辰(きのえたつ 一六〇四)に築かれたという記録が残っている。
 もとは、ここより約十一メートルほど東側にあったが、道路の拡張工事等により現在地に移された。(平成六年三月)
 また、かつては街道の南側にも塚があったが、現在では残っていない。

  昭和四十四年一月一日 指定

     那須塩原市教育委員会   」

 

 

 

 

樋沢村 葛籠石・八幡太郎義家愛馬蹄跡

 

案内板
「 葛籠石・八幡太郎義家愛馬蹄跡
   (つづらいし・はちまんたろうよしいえあいばひづめあと)
        (伝説の地)
          管理者 樋沢葛籠会

 ここ、葛籠石・八幡太郎義家愛馬蹄跡の巨石にまつわる言い伝えは、樋沢村に古くから残っている。
 後三年の役(一〇八三~一〇八七)で陸奥平定に向かう八幡太郎義家(源義家)が樋沢村にさしかかったとき、ふと小高い丘にお宮があるのを見て軍勢を止めた。
 よく見ると、それは源氏の氏神である八幡神社であった。
 義家は戦勝祈願にと、馬で一気に丘を駆け上った。
 あまりの勢いに、境内にあった巨石の上に馬の前脚(まえあし)が乗ってしまい、蹄の跡がくっきりと、刻みつけられたという。
 また、この時すぐ脇にあるもう一つの巨石が葛籠(「つづらふじ」で編んだ着物を入れる箱形のかご)に似ていることから、義家が葛籠石と名付けたと伝えられている。
 以後、巨石信仰の馬、伝説の地として今日まで大切に守られてきた樋沢村の文化財である。

   平成六年三月吉日
      那須塩原市教育委員会   」

 

 

 

 

樋沢の不動明王像

案内板
「  樋沢の不動明王像(お不動様)

 この像は寄木造りという二枚以上の木を組み合わせるという技法で作製されたもので、背面に明曆二年(一六五六年)に作製されたと記されている。同じく背面に下部には制作者の名前らしき文字があるが、現在、判読することはできない。
 地元では、『お不動様』と呼ばれ、かつては縁日などの際、近隣の村からも多数の参拝者があったと伝えられている。
 不動明王には、病魔退散、家内安全、商売繁盛などのご利益があるといわれ、左手に持つ羂索(けんさく)と呼ばれる網で衆生(しゅじょう)を導き、右手に持つ利剣(りけん)で、煩悩を断ち切るといわれている。

   平成二十六年三月
     鍋掛地域車座談義運営委員会 」

 

 

 

 

 

鏡ヶ池

 

案内板

「 八溝県立自然公園 
    鏡が池

三浦介義明が九尾の狐を追跡中、姿を見失ってしまったが、この池のほとりに立ってあたりを見まわしたところ、池の面近くに伸びた桜の木の枝に蝉の姿に化けている狐の正体が池にうつったので、三浦介は難なく九尾の狐を狩ったと伝えられ、これが鏡が池と呼ばれるようになったという。」

 

玉藻稲荷神社の源実朝の歌碑の案内板

 

案内板
「鎌倉第三代の征夷大将軍、右大臣源実朝は承久元年正月(一二一九)拝賀の礼を鶴岡八幡宮に行い、帰途公暁(くぎょう)に殺され、二十八歳にして劇的な死を遂げる。後世の人々は将軍右大臣実朝としてよりも、悲劇の歌人実朝として不朽の名を称える。実朝は、十四歳のときより歌を詠み、万葉集古今集新古今集を愛読した。特に万葉集は重宝として賞翫した。また、中央歌壇の巨匠藤原定家に教えを受け、歌を愛する武士との結びつきも、不朽の業をなす基となった。実朝の歌は各種の歌集にのせてあるが、『金槐和歌集』は実朝の歌集として名がある。この歌集に「『霰(あられ)』と題して、

もののふの矢並み(やなみ)つくろふ小手の上に 霰たばしる那須の篠原(しのはら)

が入集している。これは歌枕『那須の篠原』を詠んだ歌で、万葉調でしかも実朝の歌境がよく表現されている。賀茂真渕も『人麿のよめらん勢ひなり』と称えている。

        芭蕉の里 黒羽 」


※ 賞翫(しょうがん):そのもののよさを楽しむこと。珍重すること

 

 

 

篠原玉藻稲荷神社

 

案内板
「  篠原玉藻稲荷神社

 こゝは、お稲荷さんと称える作神さまと玉藻の前(九尾の狐)の神霊とを祭った由緒深い社である。
 宝前の社殿改建記念碑と石の鳥居の柱にいわれなどが記してある。
 建久四年(一一九三)源頼朝那須游猟のときこの社に参詣したという伝えがある。また元禄二年四月十二日(陽暦五月三十日 一六八九)松尾芭蕉は、この篠原の地を訪れている。『おくのほそ道』に、
 『ひとひ、郊外に逍遙して、犬追物の跡を一見し篠原を分けて、玉藻の前の古墳をとふ。』
とある。
 境内に芭蕉の句碑『秣(まぐさ)おふ---』と源実朝の歌碑『武士の矢並つくろふ---』がある。また九尾の狐退治の伝承地としての『鏡ヶ池』と『狐塚』の霊を移したという祠がある。なお、『狐塚址』は、こゝより北東の地の県道沿いにある。
         芭蕉の里 黒羽   」